正法寺のワビスケ(ウラクツバキ)  豊川市赤坂町西裏69 昭和55年6月1日  市指定天然記念物
正法寺 のウラクツバキは、茶人であり、織田信長の弟でもある織田有楽斎が、茶花として愛好したことからこの名が付いたといわれている。
ツバキ科の常緑樹で、正法寺 の山門を入ってすぐ右手にあり、樹齢約400年以上、6本の主枝から約200本の枝が分かれ、12月〜3月にかけて桃色の花をつける。 花は通常のツバキよりも小ぶりの為、余り目立たない。  


ワビスケ  織田信長  織田有楽斎 詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2011年02月22日撮影 】

(1) 正法寺

(2)

(3)

(4)

(5) 写真をクリックすると拡大表示されます

(6)

(7)

(8)

(9)

(10)

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ