三明寺の彼岸桜 豊川市豊川町波通37
三明寺 本堂に向かうと、まず、右手のしだれ桜 に目が奪われるが、左手の松の木の後ろに樹齢300年といわれる彼岸桜がある。
ほぼ同じ時期に咲くので同時に楽しむことができる。
そして、桜が終って1ヵ月程経つと、道路を挟んだ東側の畑には、一面、ポピーの花 に埋め尽くされる。


このページを印刷   詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2011年04月01日撮影 】
PHOTO-1

PHOTO-2

PHOTO-3

PHOTO-4

PHOTO-5

PHOTO-6

PHOTO-7

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ