● 三口池の大蛇 前のページへ戻る   HOMEへ戻る

昔、金田のお百姓さんが、三ロ池の堤で草を刈っておりますと、大きな大きな大蛇が昼寝しておりました。 驚いたお百姓さんは、持っていた鎌で大蛇に切りつけ、ついに殺してしまいました。
 この大蛇は三口池に夫婦で棲んでいた大蛇の雄の方でした。
 雌の大蛇は大変に怒りました。この池は大きな池で深さも深く、底は天竜川まで続いておりました。大蛇は、金田の人が秋葉参りで天竜川の渡船に乗ったならば、船を転覆させると云います。 そこで、船頭さんが何処から来たと聞いても決して金田から釆たといってはいけないと云われておりました。

 ふるさと豊橋(豊橋市校区社会教育連絡協議会発行)より引用 


三口池

一つ前へ戻る        HOMEへ戻る