當行寺のイヌマキ(當行寺の槙の木)  田原町本町9
當行寺は日蓮宗の寺院で、山号は真浄山。
イヌマキは通称ホソバと呼ばれ垣根等によく見られるが、当寺のイヌマキは、樹高 16.5m、幹周 3.08m、推定樹齢 300年以上の大木で、たはらしの巨木・名木100選(21) に選ばれている。
本堂右手墓地の中にあり、山門の外からでもすぐにわかるほどの大きさ。 すぐ横には大きな銀杏の木があり、秋には黄色い葉が映える。

詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
 
PHOTO-1

PHOTO-2

PHOTO-3

PHOTO-4

PHOTO-5

PHOTO-6

PHOTO-7

PHOTO-8

PHOTO-9

PHOTO-10

すぐ横にはイチョウの木があり、
秋には黄色く染まる

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ