● 弘法大師と栖雪寺 前のページへ戻る   HOMEへ戻る

 行基菩薩より少し後のこと、弘法大師も全国巡歴されながらこの巣山を通られた。行基と同じように巣山の自然に深く心を寄せられ、しばらく滞在して仏像を刻まれ、野高山栖雲寺を建立された。そして念願であった山岳仏教の本山をつくる構想を練っておられたが、この巣山には谷が一つ足らなかったのでついにこの地をあきらめ、その後紀伊の高野山に本山を開かれた。
 偶然かどうか分らないが、巣山は野高山、紀伊は高野山で野と高が入れ替っているだけである。

 鳳来町誌民族資料編(南設楽郡鳳来町発行) より引用


重要文化財収蔵庫

栖雲寺

一つ前へ戻る        HOMEへ戻る