八昇峠  新城市細川・巣山
県道505号渋川鳳来線の細川と巣山の境にある峠だが、気にしないで走っていると、単なる、ゆるい坂道に過ぎない。
細川寄り150m程の所には、八昇峠から一直線に日本列島を縦断する中央構造線の断層の一つ、細川断層の露頭がある。
そして、峠から南西方向を望むと、断層によって形成された「V字谷」を見ることができる。


このページを印刷   詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
 【 2018年04月10日撮影 】

(1)細川から巣山へ向かう

(2)巣山から細川へ向かう

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ