鮎滝  新城市出沢字銭亀
この滝を飛躍し遡上する鮎を竿の先につけた網ですくって捕らえる昔ながらのめずらしい漁法。
寛永20年(1643年滝川宗右衛門一貞により、丸太流材の障害となっていた三の滝を石工を使って切開させ、木材の流通をよくした。 それに伴い鮎の飛躍も増し、領主の設楽市左衛門は、その功績を賞し、滝川家に「永代鮎滝元支配」のお墨付きを与え、以来出沢地区の権利とされ、夏の風物詩となった。  
この滝の下流には、新滝と猿橋 がある。
鮎滝へおいでん!!  鮎滝と笠網漁 詳しい地図はここをクリック   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る
【 2014年10月18日撮影 】

(1)

(2)

(3)

(4)

(5)

(6)写真をクリックすると拡大表示されます

このページのコメントを送る   一つ前へ戻る   HOMEへ戻る   このページのトップへ