● 甲田(こうでん)   前のページへ戻る   HOMEへ戻る

 下々と宮脇の境に、甲田という所がぁり、現在は、甲田橋の袂に立てられた小さな石碑がそれを示しています。
 ここは、長篠戦争の時、甲州軍の大将武田勝頼が戦に負けて、甲州へ逃げかえる途中、武田家の大切な宝であった「すわほっしようの甲」というのを捨てていった所だといわれています。
 しかし、それに由来するような甲は残されていないようです。

 新城昔ばなし 365話(新城市教育委員会発行) より引用 


甲田

一つ前へ戻る        HOMEへ戻る