● あり塚様 前のページへ戻る   HOMEへ戻る

 西部落の観音堂の裏に、あり塚様という石の碑が立っている。
 ここには長篠合戦の時の戦死者たちを埋葬した塚があった。ところが、この塚から毎年毎年おびただしいありの大群がはい出して、付近の民家を悩ませていた。村人たちはとんと閉口して、いろいろとあり退治を試みたが、少しも効き目がなかった。思案に思案を重ねた結果、これはあの塚に埋葬しっ放しにしてある戦死者の亡魂のたたりであろうと考え、立派な石の碑を建てて丁寧に供養したところ、あれ程村民を苦しめたありは、もう一匹も出なくなった。
 今でも、この塚の土を家にまいておくと、ありは絶対に入らないとされている。

鳳来町誌民族資料編(南設楽郡鳳来町発行) より引用 


あり塚

一つ前へ戻る        HOMEへ戻る