● 山の神のおためし 前のページへ戻る   HOMEへ戻る

 小畑の延命寺のよこの沢を200mほどのぼったところに、山の神様と愛宕社がおまつりしてある。その近くに、もとは祢宜さまのお籠り堂と、村の衆のお籠り堂が建っていたが、いまは朽ち果ててしまって、囲炉裏とわずかな石がきが名残りをとどめているだけである。ここには、旧の11月初申の未明に、粥によって来年の作物の豊凶を占う行事が今も伝えられている。
この行事は、いつの頃からはじまったものか、記録もないので定かではないが、もともとは、延命寺が主宰していたようである。延命寺の開山が、貞和4年(1348)であるから、600年以前から伝えられているものと考えられる。後に、延命寺が焼け(寛政6)たことがあって、その後は、唐土神社の氏子総代がつとめるようになったようである。
 占いは古式にのっとって行われる。氏子総代はまず、祭りの7日前から家族と別生活にはいる。食物も別火でたき、精進潔斎をする。祭りの前夜になると、唐土神社にお籠りをし、夜半までかかって祭りの準備をする。このときの食事には歯朶の箸を用いる。また、この祭りには最初から最後まで女人禁制が守られている。
 祭壇は、山の神と愛宕社の2祠が並んでいる前に、簾子を敷いて設けられる。御幣は、30cm位のものを、平年は12本、閏年は13本供える。御神酒は竹の壷に入れる。竹の壷は、女竹の径2cm位のものを、節と節の間を薄く削り、ここを曲げて10cmくらいの壺が背中合わせになるように、藁でしばって作る。小豆飯は、米5合、小豆1合、甘酒糀1合とを混ぜ、たいたものを特製の器に盛りわけて両祠に献じる。また、お白餅といって、白米を水に浸したものを小さな臼で搗いて作り、お供えする。特製の器というのは、藁を渦巻状に巻き、ところどころをしばって皿のような形に作ったものである。占いの粥を入れる壺は、素焼で、径20cm、高さ30cmほどのもので、江戸時代以前から使われていたといわれる。
 いよいよ占いにはいる。土中約50cmの深さの穴に埋められていた壺をとり出し、予め用意されている沢の流れの上流から、壺をよくゆすり、3回に分けて流すのである。3回に分けるのは、1回目は早生、2回目は中生、3回目は晩生のそれぞれの豊凶を占うためである。米糀の粒の残り具合で、水稲の出来を占い、小豆の残り方で畑作の出来を見、壷の中の水の量で雨の量をはかるのである。また、流れの上流を村の上の方、下流を下の方と見たてて占うのである。これを「山の神のおためし」と言っている。
 おためしがすむと、壷の中をよく洗い、前夜用意しておいた小豆飯、糀飯を壺に入れ、中に水を8分目程入れる。それをまたもとの穴に埋め、平たい石で蓋をしてから上を小石や土で盛り上げる。こうして来年の祭りの日までそのままにしておくのである。
 占いの判断は、村の元老古老達の合議によってなされ、発表される。今まで聞いた変わった占いといえば、日露戦争の前年には血綿のような物がはいっていたとか、関東大震災の前年にはもぐらのようなものがはいっていたとか、太平洋戦争の前には、蟹が5、6匹入っており、その中の1匹だけがようやく生きていたとかいうようなことがある。今年(昭和57年11月)のおためしにはもぐらが2匹も入っていたそうだが、何事もなければよいがと心配されている。
 なお、この山の神へは月参りといって、名家の戸主2人1組が交代で、月の初申の未明にお洗米を持ってお参りする。神域では土足を脱いではだしで参拝するしきたりになっている。
 祭りの日には、お神酒、お白餅のほか、甘酒など飲み放題のふるまいがある。昔は、中宇利、富岡の方からもお参りがあって大変賑わったが、このごろでは小畑の内々の行事となっている。

新城昔ばなし365話(新城市教育委員会) より引用 


唐土神社

延命寺

愛宕社と座禅石

一つ前へ戻る        HOMEへ戻る