水浴び地蔵 前のページへ戻る   HOMEへ戻る

 竹の輪部落に雨を降らせる地蔵様がある。昔から、雨が降らなくて困る時には、この地蔵を持出して東竹の輪の精進淵に集まり、水を掛けながら雨ごいをすると、不思議に雨が降ってくるので、この地蔵さんを水浴び地蔵と呼んでいる。
 この地蔵様のことを聞いていた隣村の吉川の人たちが、打続く干天に困り果てて、この竹の輪まで水浴び地蔵を借りにやってきた。竹の輪の人たちは快く貸してやった。そこで吉川の人たちは、精進淵で真剣に水を掛けて雨ごいをした。雨ごいの行事を済まして吉川峠を越えて帰りかけたころ、もう雨が降り出した。人々は水浴び地蔵の御利益が評判通りであったことにびっくりすると共に、深く感謝して帰って行った。

鳳来町誌民族資料編(南設楽郡鳳来町発行) より引用


竹ノ輪日吉神社

東三河の伝説・昔話        一つ前へ戻る        HOMEへ戻る