東三河の句碑・歌碑  前のページへ戻る   HOME へ戻る 
 
 
蒲郡市 俳句の小道  満月の 色づくみかん うきぼりに   本田久子
 竹島や 萬緑海に 滴れり        栄司
 石川鹿童 蒲郡市  源光寺の石川鹿童句碑  初凪の 海平らかや 島置いて
 和泉式部 豊川市  和泉式部の歌碑  春ふかく なりゆくままに みどり野の 池の玉藻も 色ことに見ゆ
 市川丁子 豊橋市  育清院と臼田亜浪師弟句碑
蒲郡市  市川丁子・鈴木煙浪師弟句碑  閑かさに泣かゆ 蜜柑のこぼれ花
新城市  桜淵公園の市川丁子句碑  暮永し かへり見すれば 散る桜
 臼田亜浪 豊橋市  育清院と臼田亜浪師弟句碑
 太田鴻村 豊橋市  育清院と臼田亜浪師弟句碑
 太田白雪 豊橋市  とよばしの太田白雪句碑  白魚の 城下までや 波の皺
新城市  永住寺 太田白雪  安心は 病が上の 極書かな
 山雀(やまがら)の 胡桃まはさん 雪の宿
 大橋景足 新城市  石座神社の大橋景足歌碑  散はなもいりぬる月もうつせみのうき世のものとけふは見るのみ
 大和田建樹 豊橋市  鉄道唱歌碑  豊橋おりて乗る汽車は これぞ豊川稲荷道 東海道にてすぐれたる 海の眺めは蒲郡
 岡田耿陽 蒲郡市  八剱神社の岡田耿陽句碑
 虚子選百句塔
 漂へる もののかたちや 夜光虫
 竹島の岡田耿陽句碑  漂えるもののかたちや夜光蟲
 秋葉神社の岡田耿陽句碑  にぎはへる 祭りの空を わたり鳥
 若宮公園の岡田耿陽句碑  浪ゆきて 月の映れる 渚かな  
 月いまし 紙の如しや 霧過ぐる
 織田信長 新城市  織田右府の歌碑  きつねなく 声もうれしくきこゆなり 松風清き 茶臼山かね
 小田浪花 蒲郡市  東部公民館 小田浪花句碑  菜の花の まわり明るく 雨降れり
 小田冷剱 蒲郡市  真清寺の小田冷剱句碑  当麻寺へ道上りゆくひばり哉
 小田寛二 蒲郡市  妙善院の小田寛二句碑  白刃を 翳し素足で 火を渡る
 小田実希次 蒲郡市  西浦園地の小田実希次句碑  万葉の  崎まなかひに 鷹渡る
 越智越人 田原市  潮音寺の越人句碑  冬をさかりに 椿咲くなり
 折口信夫
 (釈 迢空)
豊根村  折口信夫歌碑  鬼の子の 群れつつ遊ぶ 音きこゆ 豊根の山の 白雪の上
 釈迢空歌碑  山ふかく われは来にけり 山ふかく 木々の梢の音やみにけり
 糟谷磯丸 豊川市  磯丸みほとけ歌碑  おふげ人 衆生さいどに たちたまう このみほとけの かかるみかげを
田原市  あさくさに歌碑
 いのりの磯道
 すめばてる歌碑
 夏ころも歌碑
 むつまじく歌碑
 日の出松歌碑
 みがきみよ歌碑
 神祇歌碑 
 あさくさにかりこめられてきりぎりす われもなくかやおれもなくなり
 糟谷磯丸の詠んだ「まじない歌」が並ぶ散策路
 心 すめはてるにこれはくもる世の中の 人の心は水の月かけ
 夏ころもきてもみよかしいらこ崎 すずしき浪のよるの月かけ
 むつましく君もろともに住みのえの 松にちぎりて千世もさかえよ
 ひとよとへのき端のつゆにてりそいてまつのこのまのつきのさやけさ
 みがきみよひかりはおなじ玉くしけ ふたみの浦のかいならずとも
 神祇 ふたはしらたちてもゐてもあふけ人神ありてこそ身あれ国あれ 
新城市  十二所神社磯丸の歌碑  万代を守り 満志満寿神かけて 里のさかえを いのることのは
影山庄平 蒲郡市  影山庄平辞世歌碑  こんこんとひらきて今や天地の 始発の時と祈り行くなり
 金森草風 蒲郡市  青葉木菟句碑  青葉木菟匂うばかりに二日月
 崇心寺の「雪虫」句碑  雪虫の 草風 籬はなれぬ 閑かさよ
 府相公民館 金森草風句碑  中天に 不壊の月 澄む 初詣
 木下恵介 蒲郡市  木下恵介歌碑  竹島の橋の長さが 悲しくて母の 思い出 吾もその年
 木俣覚定 蒲郡市 拾石墓地の木俣覚定歌碑  満潮にのりて浮める真帆片帆 拾石の里ハ住みよかりけれ
 清原元輔 蒲郡市  若宮公園・清原元輔歌碑  みやはまの いさごのこずな わが君の 宝のくらゐ かぞえ見むかし
 近藤巨松 蒲郡市  竹谷神社の巨松句碑  祭笛 高吹く ときぞ まなこ 閉づ       今は台座だけしか残っていません
 西行法師 田原市  西行法師歌碑  波もなし いらごが崎にこぎいでて われからつける わかめかれあま
 佐伯卓爾 蒲郡市  光明寺の佐伯卓爾歌碑  地平の涯に 恋ふるものありや 鳥一羽  大草原を ひた翔りゆく
 佐佐木信綱 蒲郡市  佐佐木信綱歌碑  歌人の 国の司の みたまこもり 千歳さかゆる これの 竹島
 島崎藤村 田原市  椰子の実歌碑   「椰子の実」の歌詞 及び 音楽はここをクリック (パソコンの音量に御注意下さい)
 菖蒲あや 蒲郡市  西浦園地の菖蒲あや句碑  海みうる かぎり 青春 豆の花
 昭和天皇 蒲郡市  形原神社昭和天皇歌碑  ひき潮の 三河の海に あさりとる あまの小舟の 身ゆる 朝かな
 白井鐡造 豊橋市  「すみれの花咲く頃」歌碑   すみれの 花咲く頃MOMOの世界 にリンクして音楽が流れます。
 パソコンの音量にご注意下さい。
 鈴木茂三郎 蒲郡市  蒲郡市民会館の鈴木茂三郎歌碑  やまを見よ 父をみるごと 海を見よ はヽをみるごと ふるさとはよし
 鈴木煙浪 蒲郡市  石山神社 「祭笛」句碑
 天桂院 鈴木煙浪師弟句碑
 東部公民館 鈴木煙浪句碑
 府相公民館 鈴木煙浪句碑
 祭笛 宵山風は 寒かりし
 熟麦の うつらうつらと 曇るなり
 鳴きすてゝ 行方も知らず 時鳥
 月灼けて 秋の風 落つ 海原の
 鈴木千鶴子 田原市  般若寺歌碑  湧き水を汲みて 石段踏みくれば 水神堂に 椎の木もれ日
 鈴木如仙 豊橋市  大円寺の鈴木如仙句碑  遡上する 鮎の姿を 子に見せる
 鈴木半風子 蒲郡市  八百富神社遥拝所 鈴木半風子句碑  初凪の 海をへだてヽ 伊勢の國
 宗牧 蒲郡市  善応寺の宗牧連歌碑  鐘の音も 半は雪の みやまかな
 星越峠・宗牧歌碑  たちかへり 又も逢はまし 星越や かすかす あかぬ 老の坂かな
 田島冬潮子 蒲郡市  北部公民館の田島冬潮子 句碑  野には 野の 山には 山の 花 五月
 府相公民館 ・田島冬潮子句碑  満月の 山をはなるヽとき ゆらぎし
 善応寺の田島冬潮子句碑  夜桜の 木肌に のこる 陽の 匂い
 高市黒人 豊川市  高市黒人歌碑  妹(いも)も我(われ)も 一つなれかも 三河なる 二見の道ゆ 別れかねつる
 滝川庸忠 新城市  石座神社の滝川庸忠句碑  石にまで 秋のせまりて 蔦もみじ
 多田鼎 蒲郡市  常円寺の多田鼎歌碑  むそあまりみつの年えぬ いやさらに 道まなむはなむみち をさめなむ
 種田山頭火 田原市  潮音寺の山頭火歌碑  あの雲が おとした雨に ぬれてゐる 波音の 墓のひそやかにも
新城市  種田山頭火句碑  春雨の石佛みんな濡れたまふ
 水音の千年万季ながるる
 坪井杜国 田原市  杜国公園・杜国の句碑
 潮音寺の杜国句碑
 春ながら 名古屋にも 似ぬ 空の色
 昼の空 蚤かむ犬の ねがえりて
 遠鹿見俳句会 蒲郡市  東部公民館遠鹿見俳句会合同句碑  東部公民館創立50周年記念の遠鹿見俳句会合同句碑
 道元 蒲郡市  長泉寺の道元歌碑  峰の色 渓の 響もみなヽから 我釈迦牟尼の 聲と姿と
 徳川家康 蒲郡市  秋葉神社の徳川家康歌碑  入相の鐘と ばかりに 聞きすてヽ 身の夕暮れを 知る人ぞなき
 富田良穂 豊橋市  富田良穂歌碑  三河なる 二葉の松の 生立てる 今はときはの 色にいづらむ
 富安風生 豊橋市  富安風生句碑  萬歳の 三河の国へ 帰省 かな
豊川市  富安風生句碑  里川の 若木の花も なつかしく
田原市  富安風生の句碑  茸山に あそび左右の 海二つ
 永島拾山 蒲郡市  永島拾山句碑  菊の花見る人にそふ匂ひかな
 如実 蒲郡市  不動院の如実歌碑  みほとけの たヽすやあきのそらはれて おほつかやまに のりのはなさく
 野口雨情 豊川市  豊川音頭の碑  ・・・・・・・
 乃木将軍夫妻 蒲郡市  乃木将軍夫妻の歌碑  乃木将軍辞世   うつし世を神さりましし大君の みあと慕ひて我は行くなり
 静子婦人辞世   さりまして帰ります日のなしときく けふの御幸に遇ふぞかなしき
 橋本兆二 蒲郡市  石山神社 橋本兆二句碑  物言わぬ 父と桑 摘む 真炎天
 花柳章太郎 蒲郡市  花柳章太郎句碑  夏老いぬ 章太郎 爪にのこりし 三谷の砂
 原逸美 蒲郡市  原逸美句碑  竹を伐る木魂 ふたつや水の秋
 藤原俊成 蒲郡市  涼みが杜・藤原俊成歌碑
 俊成苑・藤原俊成卿歌碑

 八百富神社遥拝所「ものあはれ」歌碑
 大島や小島がさきのほとけ島 すずめの森に恋の松原
 岩間もる玉かげの井のすずしきに 千歳の秋を松風のふく                  
 世の中よ道こそなけれ思ひ入る 山の奥にも鹿ぞ鳴くなる
 なんと なくもの あはれにも みゆるかな霞や 旅のこヽろなるらん
 眺海園「浦つたふ」歌碑  浦つたふ 磯の苫屋の かち枕 聞もならはぬ 波の音かな
新城市  巴山三川分水嶺と藤原俊成歌碑  神代よりわきでる水の巴川いく千代へぬとしる人ぞ
 ともへやまその水上をたづぬれば藤のしずくに萩の下露
 つるぎたち三河の水のみなかみの巴山とはここをいふなり
 法然上人 蒲郡市  光明寺の法然上人歌碑  月影のいたらぬ里はなけれども ながむる人の心にぞすむ
 松尾芭蕉 豊橋市  妙泉寺紫陽花塚
 聖眼寺松葉塚芭蕉句碑
 西光寺芭蕉句碑
 東観音寺芭蕉句碑
 神明社寝姿塚芭蕉句碑
 老津公園芭蕉の句碑
    (4基の歌碑がある)


 宝林寺芭蕉句碑
 JA営農支援センター芭蕉句碑
 阿ぢさいや 藪を小庭の 別座敷
 松葉を焚て 手ぬくひあぶる 寒さ哉
 ぬれてゆく 人もをかしや 雨の萩
 道のべの 木槿は馬に くはれけり
 寒けれど 二人旅寝ぞ たのもしき
 よし野にて 桜見せふそ 桧の木笠
 きてもみよ 甚べが羽織 花ころも
 蛤の ふたみにわかれ 行く秋そ
 旅に病んで 夢は枯野を かけ廻る
 冬の日や 馬上に氷る 影法師
 すくみ行くや 馬上に氷る 影法師
豊川市  西明寺芭蕉句碑
 関川神社芭蕉句碑
 国府観音芭蕉句碑
 伊奈村立場茶屋跡芭蕉句碑
 かげろふの 我が肩に立 帋子哉
 夏の月 御油より以でて 赤坂や
 紅梅や 見ぬ恋つくる 玉すだれ
 かくさぬぞ 宿は菜汁に 唐が羅し
田原市  芭蕉の句碑
 龍泉寺芭蕉句碑
 江比間句碑公園
 潮音寺 芭蕉句碑
 畠神社の芭蕉句碑
 鷹一つ 見つけてうれし 伊良湖崎
 寿久三行や 馬上に氷る 影ぼうし
 雪や砂馬より落そ酒の酔い
 麦生えて 能隠れ家や 畑村
 麦はえて よき隠家や 畠村
新城市  庚申寺芭蕉句碑
 屋根屋芭蕉句碑 
 京に飽きて 此こがらしや 冬住居
 こがらしに 岩吹きとがる 杉間かな
 夜着ひとつ 祈出して 旅寝かな
 松平義堯 蒲郡市  八百富神社遥拝所 松平義堯歌碑  ふゆたすきかけてそたのむふる雨は あまねくみつる神のめくみを
 万葉歌碑 豊橋市  万葉歌碑・平和の塔  やみの夜の 行くさきしらず ゆく吾を いつ来まさむと といし子らはも
豊川市  万葉地名引馬野伝承地
 万葉歌碑市木公園
 万葉歌碑安礼の崎
 高市黒人歌碑
 引馬野尓 仁保布榛原 入乱 衣尓保波勢 多鼻能知師尓
 何所尓可 船泊為良武 安礼乃埼 榜多味行之 棚無小舟
 何所尓可 船泊為良武 安礼乃埼  榜多味行之 棚無小舟
 妹(いも)も我(われ)も 一つなれかも 三河なる 二見の道ゆ 別れかねつる
蒲郡市  万葉の小径  万葉歌人が詠んだ三河湾に関する歌の石碑が点々と立っている散歩道
田原市  万葉の歌碑  うつせみの命を惜しみ浪にぬれ 伊良虞(いらご)の島の玉藻刈り食す
 御津磯夫 豊川市  入覚寺の御津磯夫歌碑  一生わが親しみ仰ぎし古への 引馬野みとの天し麗し
蒲郡市  長興寺・御津磯夫「海山の」歌碑
 丹野城跡の御津磯夫歌碑
 海山のあひだ やすけみわが祖の ひらきたまへる 宝のみ寺
 丹野城山 めぐらして わが祖の 一代 栄えし趾 のこりたる   
 峯田十光 新城市  信玄塚の峯田十光歌碑  討死の霊に手向けん二代松 幾星露を命永かれ
 明治天皇 蒲郡市  相楽神社・明治天皇歌碑  國のため 命をすてし ますらをの 姿をつねに かかげてぞ みる
 柳原白蓮 田原市  潮音寺の柳原白蓮歌碑  南無帰依佛 まかせまつりし 一筋の 心としらば 救わせたまへ
 山田牛歩 蒲郡市  天桂院 山田牛歩句碑
 八百富神社遥拝所「ふくらめる芽」句碑
 子らよみよ やまとたちばな 実をつけし
 ふくらめる 芽を いいたわりて みくじ 結う
 山口誓子 田原市  潮音寺の山口誓子句碑  鷹の羽を拾ひて 持てば風集ふ
 山碕多比良 新城市  永住寺の山碕多比良の歌碑
 馬防柵の山碕多比良歌碑
 桜淵公園の山碕多比良の歌碑
 観自在 誦しつヽうつしまゐらする わが大寺の み仏の顔
 三千挺の鉄砲とどろく 天正三年五月二十一日 ここ設楽原
 咲く花のま下にみゆる川淵は あおあおとして水面かがやく
 山本太一 新城市  千枚田を詠んだ勅撰歌碑  鞍掛山の水ひく丘の千枚田代かくころか夜目にもしるし
 冷泉為村 豊川市  冷泉為村卿歌碑  散り残る 花もやあると さくら村 青葉の木かげ 立ちぞやすらふ
 冷泉為系 蒲郡市   八百富神社遥拝所 冷泉為系歌碑  竹しまの 緑久しく 茂らなむ うゑにしひとの 其の名もろとも
 若山牧水 新城市  鳳来寺山若山牧水碑
 桜淵公園若山牧水の歌碑
 仏法僧仏法僧と鳴く鳥の声をまねつつ飲める酒かも
 釣りくらし帰れば母に叱られき  しかれる母にわたしき鮎を
 渡辺崋山 田原市  城宝寺・渡辺崋山句碑  見よや春大地も亨す地虫さへ
 その他   豊川市  高膳寺の筆塚  世の中を月雪花に暇して 乗り得て帰る般若会の舟

前のページへ戻る     HOME へ戻る