★ 8月の更新履歴 ★
 8月30日
豊橋市
豊橋総合動植物公園でヤブランの花 が咲き始めました。

秋になって、豊橋総合動植物公園(のんほいパーク)内の植物園ゾーンの大花壇から東屋に向かうと、東屋の手前左手でヤブランの花が出迎えてくれる。 この日はまだチョッと時期早々! 蕾の状態で、花開くところまでには至っていない・・・・・ 見ごろは1週間後か?

 8月29日
設楽町
津具
津具支所のヤマボウシ の実が赤くなり始めました。

6月に入って津具総合支所を訪れると、支所の周りはヤマボウシの白い花に囲まれる。 支所前の駐車場脇、商工会の建物の北側、消防署の前、津具保育園の脇など、様々な所で目にすることができる。
秋には実が生り、熟すと赤くなって食べられるというが、どんな味がするのか?

豊橋市 とよはしの民話「 普門寺物語」を追加しました。

高野山真言宗の寺院で、山号は船形山。  鎌倉時代、源頼朝が三河の名刹七寺を選んで堂宇を造営させたという三河七御堂 のひとつであり、三河准四国八十八ヶ所20番霊場三河三十三観音番外霊場吉田七福神(大黒天)でもある。

 8月28日
蒲郡市
竹谷町にある 都川と都橋 を追加しました。

塩津小学校の東側に小さな川が流れている。 この川は都川と言い、そこに架かる橋を都橋と言う。
昔、蒲郡の歌人・藤原俊成 がこの付近に館を構え、この川の水を汲んで和歌を楽しんだという。
今、都橋に佇んで都川を眺めても、とてもそんな風情があったとは思えない・・・・・ コンクリートで固められ、その向こうには新幹線が走る現代の風景・・・・・ 川の名前と橋の名前だけが昔を偲ばせる。

竹谷町の 信光寺 を追加しました。

真宗大谷派の寺院で、山号は常照山。
本堂の前にある松の木が印象的・・・・・

 8月27日
豊橋市
神野新田の 大法寺 を追加しました。

日蓮宗の寺院で、山号は栄寿山。

見海寺を追加しました。

曹洞宗の寺院。

 8月26日
豊川市
円通寺 を追加しました。

曹洞宗の寺院だが、扁額も見当たらない。 無住なのだろうか?

浄泉寺 を追加しました。

浄土宗の寺院で、山号は治宝山。

 8月25日
蒲郡市
大久古池の地蔵菩薩と、そこに伝わる昔ばなし 大久古心中お駒喜一 を追加しました。

アサギマダラの飛来で知られる大久古池の手前に、小さな茂みがあり、この中に地蔵菩薩が祀られている。 道路からは、「南無地蔵大菩薩」と書かれた白い幟旗が見えるので、すぐに判る。
この地蔵菩薩には、「 大久古心中お駒喜一」の昔話が伝わっている。

 8月24日
東栄町
琴平宮 を追加しました。

上小田の小高い丘の上に鎮座している。 急な石段を登って行かなくてはならない・・・・が、近くに車を停めるスペースが無い。
旧東栄中央小学校の前に東栄商工会あり、その手前を右に入る細い道がある。 民家の横をカギ形に進むと小学校の校庭の横に出るので、フェンスに沿って進むと琴平宮の境内に入る。

大千瀬川に架かる 戦橋 を追加しました。

国道151号から国道473号に入り、100m程進んだ所にある大千瀬川に架かる橋。
長篠の戦いの時、武田側についた 別所城 は、大千瀬川を挟んでの戦いになったという。 その時ここに橋を架けたことから「せんばし」と呼ばれるようになったとか・・・・・

 8月23日新城市 和田峠を追加しました。

国道301号を新城から作手方面に向かうと、県道526号本宮山作手保永線(本宮山スカイライン)と交差する和田交差点がある。この交差点が和田峠で、作手高原や本宮山へ行く時にはいつも通過する地点。
本宮山スカイラインは、平成18年(2006年)2月1日に無料開放されている。 この交差点の西北のスカイライン沿いは、秋には紅葉を楽しむことが出来る。

 8月21日
東栄町
旧東栄町立中央小学校跡 を追加しました。

昭和35年(1960年)、本郷小学校と西薗目小学校が統合して中央小学校が開校。 その後、平成2年(1990年)御園小学校足込小学校が統合されるが、更に、平成18年(2006年)4月に月小学校中設楽小学校と統合して現在の東栄小学校が誕生する。
門柱は「東栄小学校」になっているが、校舎の入口の所には「中央小学校」の銘板が残っている。

 8月20日
新城市
作手中河内の石仏群 を追加しました。

作手中河内の 八幡宮 の鳥居の前から、フェンスに沿って左に入って行ける細い道がある。 
ここを進むとすぐ右手に沢山の石仏が祀られている。 さらに進むと、狸神社 がある。
ものすごい蜘蛛の巣だったので、あらかじめ棒切れを用意して、振り回しながら進んだ方が良い!

正法寺 を追加しました・・・・・が、

曹洞宗の寺院だったが、今は、若干の石仏と石段が残るのみで、本堂があったと思われる辺りは更地になっている。

 8月19日
豊川市
滝下橋とみささぎの滝を追加しました。

昔、大木町の 念仏塚 の真下から湧き水が噴出し、佐奈川に落ちる「みささぎの滝」があり、規模は小さいが、落ちる水音は鈴の音そのものだったという。―  ふるさとの伝説 昔のはなし(宝飯郡一宮町発行)より ―
この前を流れる佐奈川には「滝下橋」があり、当時、ここに滝があったことを物語っている。 今の滝下橋は平成18年(2006年)9月に竣工しており、側には土地改良記念碑があるが、この時に滝は姿を消したのだろうか?

大木町の浄福寺 を追加しました。

真宗大谷派の寺院で、西漸寺の南200m程の所にある。

 8月18日
豊川市
東上の牛観音 を追加しました。

妙劉寺 の本堂の西側、墓地の入口を入って右手にある。
ここに沢山の馬頭観音が並び、その右奥に一つだけ、普通の墓石のようなものがあるが、これが牛観音で、「牛頭天王」の文字が刻まれているというが、読み取るのは難しい・・・
この牛観音には、ふるさとの伝説 昔のはなし「 東上の牛観音さま」の話が伝えられている。

 8月17日
新城市
松樹寺 を追加しました。

曹洞宗の寺院で、山号は仙鶴山。
本堂の横には鬼瓦の説明版があるが、実際の鬼瓦は墓地の入口にある。離れた所にあるので、チョッと戸惑うかも・・・・・

 8月16日
蒲郡市
豊川市
蒲郡市と豊川市を結ぶ 清田峠 を追加しました。

今回は長沢町の小渡井の枡井戸の前を通って蒲郡市に向かったが、走っていて気持ちのいい道ではない・・・・・ 峠を通っても爽快感も無ければ、視界も開けていない・・・・・ 
地図上では三河湾スカイラインに乗れるかとも思ったが、フェンスで通行止め。 止む無く、スカイラインの下をくぐって蒲郡市へ・・・・・
峠の角には「県道昇格記念碑」があるが、ここって、県道?

 8月15日
豊川市
御津図書館 を追加しました。

開館時間:午前9時から午後5時まで
休館日:月曜日(祝日の場合はその翌日)と毎月第3水曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始(12月29日から1月4日まで)

一宮図書館 を追加しました。

一宮生涯学習会館の中にある。
開館時間:午前10時から午後6時まで
休館日:月曜日(祝日の場合も休館)と毎月第3水曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始(12月29日から1月4日まで)

東栄町 東栄町図書室(のき山文庫)を追加しました。

開館時間:10時から16時まで(水・木を除く)

変更もあり得るので、詳しいことはホームページで確認してください。  東栄町図書室のホームページ

 8月14日
豊橋市
草間町の三界萬霊碑 を追加しました。
むかし、村人が王ヶ崎町のお寺の門前に捨ててあった大石を、両隣3軒の共同井戸の流し台にしようと考えて運びはじめた。途中で一休みし再び運びはじめたところ、今までは何事もなく運べた石が、重くて動かすこともできなくなってしまった。そのため、その大石をよく調べてみたところ、その大石には三界萬霊と書いてあった。石が重くて運べなくなったのは、そのたたりだと考えた。何とか村までは運び終えて、盛大な供養を施した。 なお、三界萬霊碑と並んで、庚申様、馬頭観音がいつの頃からか合祀されている。
 ― ふるさと豊橋(豊橋市校区社会教育連絡協議会発行) より抜粋 ―

瓦町の 寿泉寺 を追加しました。

臨済宗妙心寺派の寺院で、山号は鶴松山。
国道1号線の瓦町交差点を通ると目に飛び込んでくるお寺だが、交通量が多く、チョッと車を停めて・・・・・という訳にもいかず、なかなか写真に収めることもできなかった・・・・・が、北側の一方通行の道から境内に入ることが出来る。

 8月13日
新城市
豊栄のハス田 でハスの花が楽しめます。

豊栄の少林寺から南へ200m程下った所にハス田があり、夏にはピンク色と白いハスの花を楽しませてくれる。
道路に面しており、車も殆ど通らないので、短い時間だったら駐車の心配もない・・・・・

豊栄の 少林寺を追加しました。

曹洞宗の寺院だが、参道入口にはロープが張られ、既に廃寺のようだ・・・・・

 8月12日
豊橋市
野依町の 仏鑑寺 を追加しました。

臨済宗妙心寺派の寺院だが、現在は無住とのこと。 4月第1日曜日には毘沙門天大祭が開かれる。
本堂の前の狛犬(トラ?)は何を意味するのだろう?
この日、境内のイチョウの木には銀杏が生り、ザクロの実が生っていた〜・・・・・ 共に、熟すのは秋! 

勢徳寺と大王松 を追加しました。

曹洞宗の寺院で、山号は瑞光山。
入口には大王松の木があり、この日は大きな球果が生っていた〜 やっぱり大王松はデッカイ!

紫雲寺 を追加しました。

臨済宗妙心寺派の寺院で、山号は高足山、本尊は延命地蔵願主菩薩。

 8月11日
豊橋市
豊橋煙草商標之記 を追加しました。

龍拈寺の山門を通ってすぐ左手にある。 これは万久煙草工場の事業・功績を讃えた記念碑で、表面には、万久の煙草の商標11種の名前と業績が記されている。
万久は豊橋を代表する煙草工場で、現在の国道23号と湊町公園の間にあったという。

新栄町の 東光寺 を追加しました。

浄土宗の寺院だが、左の門柱には「公民館」の文字がある。 
無住で、公民館として利用しているのだろうか?

 8月10日
田原市
大坂峠 を追加しました。

県道420号和地福江港線の和地町北山と、長沢町大鹿を結ぶ峠で、何も気にせず走っていると、単なる坂道を越えたに過ぎない思いがする。 第一、田原市に峠があるなんて、思ってもいないから・・・・・
でも、峠だと思って走ってみると、なかなか気持ちいい道でもある・・・・・

白谷町の 月江寺 を追加しました。

臨済宗妙心寺派の寺院で、山号は西渕山。
境内には三十三観音が祀られている。
この日は丁度、山門を直している時。 本堂脇に「西渕山」の扁額が置いてあったのは、山門に掛っていたものを外して、ここに置いたあったのか・・・・・ お盆明けには完成するというので、その後、機会があればもう一度訪れてみよう・・・・・

 8月 9日
豊橋市
杉山町の 全福寺 を追加しました。

曹洞宗の寺院で、山号は龍香山。
地図を頼りに辿り着いたけど、一瞬戸惑う入口・・・・・ 「全福寺」と彫られた石が無かったら、ここがお寺の入口だとは思えない・・・・・
境内には徳川家康の危難を救ったと言われる石造観音がある。

杉山町の 永福寺 を追加しました。

曹洞宗の寺院で、山号は喜雲山、本尊は阿弥陀如来坐像。
境内には88体の石仏が祀られ、夏に訪れると、本堂前のソテツの花や、庭園の池では、スイレンの花を楽しむこともできる。   

新城市 冨賀寺の阿難仏 を追加しました。

冨賀寺の本堂のすぐ右手に、「阿難仏」と彫られた石塔がある。
この仏さまの水を付けると眼病が治るというが、その水がどこにあるのかわからない・・・・・

 8月 8日
豊川市
糟塚古墳 を追加しました。

五社稲荷 の奥の院の東側にある直径17.5m、高さ2mのk円墳で、墳頂に小さな祠が祀られている。
チョット見ただけでは判り難い古墳だが、奥の院のすぐ右手から林の中に入って行けるようになっている。しかし、夏場は蜘蛛の巣に注意!

小坂井図書館 を追加しました。

生涯学習会館の3Fにある。
開館時間は午前10時から午後6時まで
休館日は月曜日(祝日の場合も休館)と毎月第3水曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始(12月29日から1月4日まで)

 8月 7日
田原市
東光寺を追加しました。

曹洞宗の寺院で、山号は恵日山。 
神明社の東側に隣接してある。

蒲郡市 蒲郡市図書館 を追加しました。

開館時間は午前9時から午後7時
休館日は毎週月曜日(祝日除く)、毎月最後の月曜以外の平日(館内整理)、年末年始・特別図書整理期間

変更もあり得るので、詳しいことはホームページで確認してください。  蒲郡市図書館のホームページ

 8月 6日
豊川市
萩の 慈眼寺 を追加しました。

臨済宗妙心寺派の寺院で、県道332号大代赤坂線を 萩坂峠 に向かう途中にあるが、無住のようだ。

音羽図書館 を追加しました。

開館時間は午前9時から午後5時まで
休館日は月曜日(祝日の場合は翌日)と毎月第3水曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始(12月29日から1月4日まで)

 8月 5日
豊橋市
石巻中学校のナンキンハゼ が、台風で2本の枝が折れていました。

石巻中学校の正門を入って左手に、樹高 10.5m、幹周り 2.6m、推定樹齢 70年以上というナンキンハゼの大木があり、豊橋市内で最も太く、「とよはしの巨木・名木」100選(17) に選ばれている。
平成30年(2018年)7月28日、豊橋を直撃した台風12号によって、2本の太い枝が折れてしまったけど、倒木にまでは至らずに済んだようだ。

長楽のクロガネモチ に小さな実が生り始めました。

幹周 3.11m、樹高 9.1m、枝張り 16.8m×16.5m、推定樹齢250年以上のクロガネモチ(モチノキ科モチノキ属)で、雌雄異株。 初夏には小さな花を咲かせ、秋には真っ赤な小さい実をいっぱいつける。
豊橋市のクロガネモチの中では太い方で、とよはしの巨木・名木百選(18)に選ばれている。 
それにしても、枝のあちこちに出来ている瘤のようなものは何だろう? 

 8月 4日
豊橋市
法念寺 を追加しました。

曹洞宗の寺院だが、山門も、門柱も、扁額も見当たらない。 ただ、屋根瓦の「法」の文字だけが、印象的・・・・・

向山図書館 を追加しました。

豊橋市民文化会館の中にある。
開館時間は午前9時30分〜午後7時(ただし、土・日・祝日は午後5時まで)
休館日は毎週月曜日(祝日と重なった場合は翌日)、毎月第4金曜日(祝日と重なった場合は前日)、年末年始

 8月 3日
豊橋市
源立寺 の山門が新しくなっていました。

浄土宗の寺院で、山号は勝林山。 
山門の瓦には、葵の紋が彫られているが、委細は分からない。

小畷公園のフジ棚 に、フジの実が垂れ下がっています。

小畷公園は大人から子供で伸び伸びと遊べる広い公園で、公園の周囲が全て藤棚になっており、子供たちを遊ばせながら、ゆっくり藤の花見ができる。 
夏になると、フジの実がいっぱい垂れ下がる。

新城市 龍岳院でサルスベリの花 を楽しめます。

龍岳院 の山門をくぐると、本堂の手前にサルスベリ(百日紅)の木があり、夏になると、ピンク色の花が出迎えてくれる。
なかなか咲いている時期に出会わなかったけど、やっと、花に巡り合うことが出来た。
もう少し後になると、後ろの太い木にもいっぱいの花が咲くかも・・・・・

 8月 2日
田原市
城宝寺の ミニ四国88ヶ所巡り をしてきました。

城宝寺古墳 の前から道路沿いの塀に沿って、88体の石仏が立ち並ぶ。
山門から入ったら、いきなり本堂や渡辺崋山の墓所などに行かずに、すぐに右に曲がって境内の外周に沿って石仏を巡るとミニ四国88ヶ所巡りができる・・・・

赤羽根図書館 を追加しました。

赤羽根文化ホールの中にある。
開館時間は午前10時から
休館日は月曜日(祝日の場合は翌日)と毎月第2金曜日、12月28日〜1月4日。
変更もあり得るので、詳しいことはホームページで確認してください。

 8月 1日
設楽町
田峯の 加藤家のカヤ を追加しました。

新城設楽の巨木・名木に選ばれているカヤの木で、樹高15m、幹周り3.85mと3.35mという大木。 幹回りが2つあるのは、根元から2本に分かれて成長しているから。
場所は 田峯観音の北側を乳母神様・稲荷大明神 へ向かうと、その手前で左鋭角に入る町道133号黒倉線がある。ここから300m程進むと民家の道路際の所にあり、道路上から観察することが出来る。車も殆ど通らないので、駐車には困らない。

つぐグリーンプラザ図書室 を追加しました。

開館時間は午前9時〜午前12時、午後1時〜午後5時
休館日は月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始(12月28日から1月4日まで)
変更もあり得るので、詳しいことはホームページで確認してください。




since 1998年5月17日